実家の部屋がすっきり片付きました
2021-05-10
実家の部屋がすっきり片付きまし...

4年前に父が亡くなり、母は3年前に老人ホームへ、兄は入院。

同じマンションの実家2階は住む人がいなくなり、徐々に片付けました。
未使用品はメルカリもあったのかなと思いつつ、送る手間とかを考えてささっと処理できる方法、お金がかからない方法を選択しました。

(1)父の衣類(慈善団体に寄付。使ってくれるところがあるんです。宅急便代はあちらもち。)
(2)頂き物の未使用食器(家の前に「ご自由にお取りください」と置いたところ、あっという間になくなりました。)
(3)頂き物の未使用タオルケット、タオル((2)と同様)
(4)お客様用布団(毛布は慈善団体へ寄付、その他は市の粗大ゴミ。一部残してあります。)
(5)使ってた食器(オキシクリーンにつけてきれいにしたもの(2)と同様、きれいにならなかったものは一般ゴミ。)
(6)人形などの置物((2)と同様。持って行く人いるかなあと思いつつ、持って行ってくれる方ありました!捨てちゃうのも忍びなかったので感謝です。)
(6)タンス類、ベッド(市の粗大ゴミ。リサイクルでは引き取り不可。)
(7)電子レンジなどキッチン電化製品(市の粗大ゴミ)
(8)ソファ、マッサージチェア(重すぎて家族で持てなかったので、粗大ごみ処理会社に引き取ってもらった。)

(8)がラストで一昨日終了し、キッチン、ダイニング、和室が開けた空間になりました。

この空間を何に使うか思案中です。今のところ思いついたのは下記の通り。

(a)子供の簡易卓球台を置いた遊び場。
(b)長男の友達が泊まりで遊びに来たときの寝場所。
(c)小さなお花教室!
(d)Point of Youを使って気軽なWork!
(e)リラックスコーチング~!

リビングの床をピカピカに磨いたら、始動しまーす!

ちなみに『家の前に「ご自由にお取りください」方法』は、父が亡くなる前に賃貸マンションの住人が退去時にごみ捨て場に置いていってしまったサーフボードなどをそのようにやったら、見事になくなったんです。それをまねしてみました!

MIKI SANO
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
銀座コーチングスクール GCS認定コーチ
佐野美紀のホームページはこちら
数学大好き女子。
工業大学を卒業し、プラントエンジニア等を技術職を渡り歩いてきました。
「リケジョ!」という言葉がまだまだない時代に就職し男社会にどっぷりつかり、ただいま男子2人子育て中です。
あなたの一歩を応援します。


戻る